IMG_0060

江戸時代の町家が残る新町地区や、幻の鉄道「五新線」跡などを巡るのに便利!

幻の鉄道といわれる「五新線」は、吉野杉を鉄道で輸送する目的で1939年に建設が始まったそうです。五条駅と、和歌山の新宮駅を結ぶという、なかなか壮大な計画でしたが、戦後に一部工事が再開したものの、採算面などで線路の工事は凍結され、結局バス専用道路となり、列車は走ることはなかったそうです。(その後、2014年にバス専用道路としての運行も廃止されました)

五新線については、河瀬直美監督の映画「萌の朱雀」で計画の中止や、その影響を受ける家族が描かれています。また、2016年には「旧国鉄五新線(未成線)鉄道構造物群」が土木学会選奨土木遺産に選定されています。

「五新線」跡のノスタルジックな風景や、江戸時代の町家が残る重要伝統的建造物群保存地区の新町地区を巡る観光拠点として、五條市観光交流センターが5/20(日)にオープンしました。吉野杉・桧を使った大型の民家風平屋の木造建築物です。観光パンフレット、サイクリングマップなどを置き、五新線で2014年9月まで走っていた路線バスの沿線の風景写真を展示されています。今後、特産品の販売も検討しているそうです。


IMG_0059

IMG_0061


五條市観光交流センター
住所:奈良県五條市野原西6丁目1
問合せ:0747-22-4001 (市まちづくり推進課)
開館時間:9:00〜17:00
閉館日:11:30
入場:水曜日
設備:休憩室、トイレ
駐車場:12台



■情報提供:horibonpapaさん
■画像:五條市広報Facebookより引用させて頂きました。