sub8


スタイリッシュで特別なパッケージにデザインした「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインの奈良デザインを2018年8月6日(月)から発売!

 コカ・コーラシステムは、地域それぞれの観光名所をイラストで描き、スタイリッシュで特別なパッケージにデザインした「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインの奈良デザインを2018年8月6日(月)から、会津・渋谷・東京おもてなし・富士山(山梨)・富士山(静岡)の各デザインを同年8月13日(月)から発売します。


main


 「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインは、旅をより楽しくする特別なパッケージとして、これまで計15種類を発売しています。2017年6月から7月にかけては北海道・東京・京都・瀬戸内・熊本、同年9月に横浜、同年11月に上野・埼玉・名古屋、2018年4月にみちのく、同年6月に仙台・千葉・名古屋(金のシャチホコ)・甲子園・広島の各デザインをそれぞれの地域限定で発売し、大変大好評をいただいています。

 いずれの地域でも旅行中の食事やリフレッシュに、またお土産にぴったりのボトルとして人気を集め、多くの方にご利用いただいていることから、新たに6地域のボトルを発売することとなりました。興福寺五重塔と鹿<奈良デザイン>、鶴ヶ城と赤べこ、おきあがりこぼし<会津デザイン>、ハチ公の銅像と渋谷の街並み<渋谷デザイン>、着物女性と錦鯉<東京おもてなしデザイン>、富士山と湖<富士山デザイン(山梨)>富士山と三保松原<富士山デザイン(静岡)>と、各地域のシンボルや代表的な観光スポットをイラストでアイコニックにデザインしています。

 「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインは、“スリムボトル”ならではのスタイリッシュな形状で250mlの飲みきりサイズなことから、旅先での食事やひと休みしてリフレッシュしたい時に飲むと旅気分がさらに盛り上がります。旅の記念グッズとして家族や友人へのお土産に、海外からの旅行者が日本の風情を楽しむのにぴったり。地元を愛する人や夏の帰省時にふるさとの気分を味わうのにもおすすめです。いずれも各地域のお土産店、物産店、スーパーマーケットを中心に発売します。
 
sub2


 「コカ・コーラ」スリムボトルは、暗闇で触れただけで「コカ・コーラ」のボトルだとわかるほど特徴的な“コンツアーボトル”の輪郭を引き継ぎ、アルミニウム素材を使ってさらに進化させたプレミアムパッケージです。キンキンに冷たい感触が「コカ・コーラ」のおいしさや爽快感をさらに引き立て、格別な飲用体験をお届けします。デザイン性が高い点が特徴で、2015年7月の日本初上陸以来、全国各地の観光名所やシンボルを描いた地域デザインのほか、桜や花火、紅葉など季節に合わせたデザイン、オリンピックイヤーデザイン(リオと東京バージョンの2種類)、FIFAワールドカップの開催を記念したデザイン、明治150年を記念する維新デザインなどを発売して、「コカ・コーラ」ファンから普段炭酸飲料を飲まれない方まで、多くの方に楽しんでいただきました。「コカ・コーラ」スリムボトルの購入者は女性の比率が高く、「コカ・コーラ」製品の新規購入者獲得にも貢献しています。

 「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインは、「コカ・コーラ」ならではのおいしさと地域の観光地を描いたパッケージをさらに多くのエリアで楽しんでいただけます。本製品を通じて、地元の方には地域の魅力をあらためて感じていただき、旅行中の方にはいつもとは違う旅の“特別なひととき”をお届けします。
 

<製品概要>
■製品名:「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザイン
■品名:炭酸飲料
■原材料名:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)/炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
■栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー45kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物11.3g、食塩相当量0g
■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別): 250ml スリムボトル/125円
■販売地域:奈良を中心とした地域<奈良デザイン>
 会津を中心とした地域<会津デザイン>
 渋谷を中心とした地域<渋谷デザイン>
 東京を中心とした地域<東京おもてなしデザイン>
 山梨を中心とした地域<富士山(山梨)デザイン>
 静岡を中心とした地域<富士山(静岡)デザイン>
■発売日:2018年8月6日(月) 奈良デザイン
     2018年8月13日(月) 奈良デザイン以外のデザイン
■販売チャネル:お土産店、物産店、スーパーマーケットなど


「コカ・コーラ」に関する最新情報は下記アカウントでチェックしよう!
公式サイト:cocacola.jp