唐古・鍵遺跡史跡公園をもっと楽しむアプリが登場!弥生時代の大型建物がARで出現!マツリに入り込んで記念撮影も出来るんだって!

株式会社ジーンは、ARを使って“唐古・鍵遺跡史跡公園”(奈良県田原本町)を楽しむスマートフォン・タブレット端末向けアプリケーション「AR唐古・鍵遺跡 ~よみがえる弥生のムラ~」の配信をApp Store、Google Playにて開始いたしました。


img_178316_1
弥生時代の大型建物がARで出現

幾重もの環濠に囲まれた弥生時代の集落“唐古・鍵のムラ”は、弥生時代前期から後期までの約700年に渡って集落として存在し続け、当時の最先端の技術を持ち、近畿地方のリーダーのような役割をしていた集落だったのではないかと考えられています。
(日本語/英語/中文簡体字/中文繁体字/韓国語に対応しています)


■大型建物復元AR
― “唐古・鍵のムラ”の大きな特徴の1つである大型建物が、高精細復元CGによるARにて現地に実物大でよみがえります。周囲から自由なアングルで大型建物を見ることができ、建物内部に入る体験もできます。また、史跡公園の復元楼閣ともあわせて記念撮影することもできます。


img_178316_2

■弥生のマツリ復元AR
― 当時の“マツリ”の様子が実物大ARで出現します。自分もマツリに参加した感覚で記念撮影可能!朝10時~夕方4時までは戦士による模擬戦の様子を、朝10時までと夕方4時以降はシャーマンによる祈りの儀式の様子を体験できます。

img_178316_3
マツリの中に入り込んでの撮影も


img_178316_4
夕方4時以降になるとシャーマンが祈りを捧げる



■弥生のお宝探し
― 現地の史跡公園は広大な唐古・鍵遺跡の一部です。公園内各所からは様々な弥生時代の遺物が発見されました。マップ上にある「?」の場所に行くと画面上で遺物の発掘体験ができます。園内を宝探し感覚で回ってみましょう。

img_178316_5
公園内を巡って弥生のお宝を探そう


img_178316_6
お宝ポイントで画面をこすると弥生の遺物が出現!


img_178316_7
こんなモノも発見されました



■顔認識で弥生人に大変身!
― 顔認識機能により、画面に映った顔が弥生時代のシャーマン、戦士、そしてマスコットキャラクター“楼閣くん”に変身!
また、現地にある貸し出し用端末は、なんとカバーがまるごと古代鏡!これも必見です。ぜひ、本アプリをダウンロードして唐古・鍵遺跡史跡公園にお越しください。素敵な“弥生”体験を楽しめます。

img_178316_8
顔認識でシャーマンに


img_178316_9
顔認識で楼閣くんに


史跡で楽しいワクワク体験!「史跡観光×VR・AR」事業を弊社では引き続き推進してまいります。


img_178316_10
現地では古代鏡型iPadで楽しめます


img_178316_11
弥生時代のここにシャーマンがいたのです


●ダウンロード無料(App Store、Google Playで「唐古」で検索)
●対応OS:iOS 9.0以上、Android 4.4以上(GPS、カメラ必要)
●日本語の他、英語・中文簡体字・中文繁体字・韓国語に対応


株式会社ジーン(xeen Inc.)