古都らしいデザインの箱が印象的。素朴な甘みが懐かしく広がる金平糖

安政元年(1854年)創業の同店は、こだわった砂糖類(和三盆、黒糖など)も取り揃え、材料にこだわるスイーツ店も仕入れをするお店。看板商品の「御門米飴」は、米を麦芽で糖化した古来より伝承されている健康食品で、「奈良の贈り物」にも認定されています。「奈良こんふぇいと」(金平糖)は、御門米飴味のほかブルーベリー味や珈琲味など様々で、中にはお店でしか買えない味もあるとか。箱は奈良らしいデザインの21種類以上から選べます。


選べる貼り箱2
奈良こんふぇいと(40g箱入り)各500円(税抜)
「御門米飴味」同店で人気の自然由来の御門米飴を原料に使用したオリジナルこんふぇいと。どこか懐かしい味わい。


いろは
「いろは味」梅・にっき・生姜・はっか・抹茶の5種が入った和の味ミックス


御門米飴
同店で人気の自然由来の御門米飴を原料に使用したオリジナルこんふぇいと。どこか懐かしい味わい。


大和ほうじ茶
「大和ほうじ茶味」月ヶ瀬産の香り高い茶葉をふんだんに使用。ほうじ茶の香ばしさと砂糖の甘さが絶妙なコンビネーション。


大和煎茶
月ヶ瀬産の煎茶のうまみと香りが調和した風味豊かな「大和煎茶味」もおすすめ。


塩
涼し気な青色は「塩味」


本店写真3
お店では、季節限定の味やHPに載っていない味にも出会えます。
ぜひ足を運んでみてくださいね。


本店写真1
砂糖が貴重品だった時代から受け継がれる「いいもの」への気概


本店写真2
威風堂々たる老舗の雰囲気漂う本店


砂糖傳増尾商店
●TEL:0742-26-2307(8:30~17:30)
●住 所/奈良市元興寺町10
●営業時間/9:00~18:00
●定休日/年中無休(年末年始を除く)



記事を書いてくれたライターさんは
那波りよさん