5月17日から4日間カナダで開催されたワールドラウンドアップ(フリースタイルスケートボード世界大会)で、プロでは日本勢の若手が1、2フィニッシュ。アマでは横浜スケートボード協会(YSA)のデモライダー、土田美玲(日本体育大学2年)が唯一参加の女子ながら男女総合第4位に入賞した。


2020東京オリンピックから競技となったスケートボードだが、「ストリート」「パーク」の両オリンピック種目で日本の若者が世界を舞台に大活躍をしている。

そうした中、5月17日から4日間カナダ(バンクーバー)で開催のワールドラウンドアップ世界大会では、「フリースタイル」の種目でも、日本勢が好成績を収めた。
 
 sub1

プロ部門では、山本勇(16歳、奈良県)が3年連続優勝、最年少の川崎柚季(10歳、京都府)が第2位とワンツーフィニッシュを飾ったほか、今年度からアマチュアからプロに転向した若手を含む5名の日本勢がベスト10入賞を果たした。
 
ワールドフリースタイルラウンドアップ: http://www.theworldroundup.com/
日本フラットランドスケートボード協会(JFSA): https://jfsa.biz/
 

main

一方アマチュア部門では、2018年の女子部門で世界ランキング1位となった横浜市の土田美玲(18歳)が唯一この大会に参加した女子ながら、男女総合第4位に入賞した。