今年は開催60回目を記念しコンサートとパレードを実施

奈良大文字保存会は2019年8月15日(木)、毎年恒例の「奈良大文字送り火」を春日大社境内飛火野(慰霊祭・演奏会会場)、高円山(点火場所)で開催。
今年は60回目を記念し、慰霊祭に先駆け、記念コンサートとパレードをJR奈良駅前広場から三条通りにかけて実施します。


main
浮見堂から見上げる「大」の文字


奈良大文字送り火は戦没者慰霊を目的として1960年(昭和35年)に開始。現在は災害などで亡くなった方々も含めて慰霊を行うとともに、世界平和を祈る行事として毎年8月15日に実施しています。

春日大社境内の飛火野では18:50より、春日大社の神官による神式慰霊祭が行われ、引き続き寺院約30ヶ寺の僧侶による仏式慰霊祭が執り行われます。仏式慰霊祭では奈良県出身のご英霊29,243柱のお名前が読み上げられ、一般の方もお焼香を行うことができます。慰霊祭後の20:00からは、万葉集でも歌われた高円山にある火床に点火され「大」の文字が浮かび上がり、人々が祈りを捧げます。また点火後には、奈良高校OB・OG吹奏楽団「N.W.O.B」による演奏会が飛火野にて行われます。

60回目の開催を記念するコンサートとパレードは15:30から実施。陸上自衛隊第3音楽隊がJR奈良駅東口の駅前広場にて演奏を行った後、三条通りを通って猿沢池前まで演奏を続けながらパレードします。奈良市消防団広報指導分団カラーガード隊による演舞もあり、どなたでも無料で観賞いただけます。

さらに毎年、奈良大文字送り火の保存・継承を目的に協賛金を慰霊祭会場で募っており、協賛者にはお礼として東大寺・狹川宗玄長老、大安寺・河野良文貫主、西大寺・大矢實圓長老により「大」と書かれたうちわが進呈されます。今年は片方の面に、奈良市出身の画家・絹谷幸二氏による絵画を特別に掲載しました(広告入りうちわを除く)。夏の奈良の風物詩である奈良大文字送り火へ、お盆の帰省やご旅行に合わせてぜひお越しください。


sub1
大文字うちわ協賛。今年は片面に画家・絹谷幸二氏の絵画を掲載

行事名称
奈良大文字送り火

日程
2019年8月15日(木)
15:30~16:00 記念コンサート(JR奈良駅東口 駅前広場)
16:30~17:00 記念パレード(三条通り~猿沢池)※記念コンサート・パレードは雨天中止
18:50~       慰霊祭(春日大社境内飛火野)
20:00~       点火(高円山)・演奏会(春日大社境内飛火野)

主催・問い合わせ
奈良大文字保存会(奈良市観光協会内)
Tel: 0742-30-0230

<大文字の大きさ・火床の数>
1画目が109m、2画目が164m、3画目が128mと、全国の大文字行事の中でも有数の大きさを誇ります。火床は人間の煩悩の数と同じで108基あります。

<出演団体一覧>
・記念コンサート・パレード:陸上自衛隊第3音楽隊、奈良市消防団広報指導分団カラーガード隊
・演奏会:奈良高校OB・OG吹奏楽団「N.W.O.B」

<大文字うちわ協賛について>
東大寺・狹川宗玄長老、大安寺・河野良文貫主、西大寺・大矢實圓長老により「大」と書かれたうちわが協賛のお礼として進呈されます。行事当日、慰霊祭会場の飛火野でご協賛いただけます。当日までにご協賛いただける場合は、奈良大文字保存会(上記問い合わせ先)までお問い合わせください。うちわ協賛金は、その全額を奈良大文字送り火の保存と継承活動に活用します。

協賛額:協賛企業様の広告あり 1本500円、協賛企業様の広告なし(画家・絹谷幸二氏の絵画入り)1本1,000円
受付時間・場所:16:00~21:00/飛火野会場内テント

<慰霊祭 特別協賛席について>
飛火野で行われる慰霊祭では一般の方々にも座ってご参列いただけるよう、特別協賛席(パイプ椅子)をご用意しています。協賛金は、その全額を奈良大文字送り火の保存と継承活動に活用します。

協賛額:1席
①大文字うちわ(協賛企業様の広告あり)1本付        700円
②大文字うちわ(協賛企業様の広告なし)1本付       1,200円

当日受付時間:17:00~18:45
受付場所:飛火野会場内 中央テント・春日参道テント

<護摩木の受付について>
亡くなられた方の供養や世界平和の祈願を託す護摩木(ごまぎ)の受付を行います。記入された護摩木は、慰霊祭のお焚き上げで供養されます。

費用:1本500円
受付時間・場所:16:00~21:00/飛火野会場内テント