近鉄グループの文化事業である「松伯美術館」では、2020年10月3日(土)から年11月29日(日)まで、展覧会「上村松園・上村松篁・上村淳之 展『魂の継承~受け継がれる心~』」を開催します。

本展では、上村松園・松篁・淳之 三代の日本画で、当館所蔵の名品 約50点を厳選して、日本の美を紹介します。本画を中心に展観し、素描・下絵等も併せた“所蔵名品展”とも言えるものです。

「美人画」の松園、「花鳥画」の松篁・淳之は、それぞれ描く対象も時代背景も異なります。しかし、三代の作品からは、対象に真摯に向き合う姿勢や、格調高く清澄な芸術世界が共に見て取れます。各々が追い求める異なる画業の中、根底には日本画の真髄と言ってよい、共通したものがあったのではないでしょうか。

この上村三代に共通する、画家として受け継がれる心“魂の継承”を本展で感じていただければ幸いです。

 

          上村松園「楊貴妃」大正11(1922)

 

           上村松篁「月明」昭和54(1979)

 

 

1. 名  称   上村松園・上村松篁・上村淳之 展 

        「魂の継承~受け継がれる心~」

2. 開催期間   2020年10月3日(土)~2020年11月29日(日)

3. 主   催   公益財団法人 松伯美術館、毎日新聞社

4. 会  場   松伯美術館

5. 休 館 日   月曜日(但し、11月23日(月・祝)は開館し、11月24日()

        が休館。)

6. 開館時間   午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)

7. 入 館 料   大人(高校生・大学生を含む):820円、 

        小学生・中学生:410円

        ※20名以上は団体割引1割引

        ※障がい者手帳のご提示によりご本人と同伴者1名まで2割引

. 展示作品数   約50点(素描、下絵を含む)

. 主な展示作品   

  ●上村松園 ・「楊貴妃」、「花がたみ」、「鼓の音」ほか

  ●上村松篁 ・「月明」、「椿」、「丹頂」ほか

    ●上村淳之 ・「初めての冬」、「晴れ間」、「白鷹2」ほか

 

※出品作品は、都合により変更する場合があります。

 

参考:新型コロナウイルス感染症予防・拡大防止のために

https://www.atpress.ne.jp/releases/224552/att_224552_1.pdf

 

 

 

松伯美術館 学芸課 大村・高島(TEL:0742-41-6666)